四季かける家

日本には四季という季節の区切りがあります。
暑さ、寒さ、乾き、湿り、さまざまな環境の中、私たちは五感で季節を知ります。 それは、建物も同じです。人間が住む気持ち良さと建物自体の気持ち良さ。

私たちが外で暑い陽の中、汗をかいていても建物は陽を受け止め、私たちを守る。 凍えるような寒さの中、身を縮めてたどり着いた我が家は心を溶かすように暖かい。
私たちが五感で季節を知るように、建物も移りゆく季節を直接感じながら息づいています。その内で私たちは暮らし、四季を感じるのです。
音、風、色、光、香、熱。
発達した技術だけでは感じることの出来ない、四季を取り込む家づくり。 四季かける家。
四季と上手に調和することが建物を長持ちさせることであり、四季折々を感じることが川中子住建の家づくりです。

四季のある家 四季のある家夏の提案秋の提案冬の提案

人かける家/大工職人「手間を惜しむな積み上げろ」

「手間を惜しむな積み上げろ」
ある日、何気なく見ていたテレビ番組で聞いた言葉だが、私が日々考えていることとあまりにも合致していたためその日のうちに私の道具箱に書きました。 手間を惜しむということは自分自身に限界というラインを引いてしまうことだと思います。大変なことに対して、出来ないと言ってしまうことはとても簡単なことですが、それはその瞬間に自分と建物の可能性を諦めてしまうということなのです。

一生に一度だけの家づくりの方が多いと思います。
お客様に後悔させたくない。ありきたりの言葉ですが、一生懸命家をつくる。 一生懸命になることでどんな大変なことに対しても、知恵が出るのだと思います。そしてその知恵が経験となりお客様に喜んでいただける。私はお客様に現場でわからないことや、気になることは何でも聞いてくださいと必ずお話します。
-道具箱を見れば、腕がわかる-
私は道具箱をいつ見られてもいいようにしています。見られてもいいようにすることが目的ではなく、良い仕事をするためには常に道具の手入れ、整頓は当たり前のことなのです。 最近では電気を使った道具も増えましたが、やはり手道具の方が大事です。何年も何十年も使って手に馴染んできたものですので車に道具を積みっぱなしということは考えられません。 例えばかんなは、車の走る振動で台がずれてしまいますし、湿度温度などで狂いが出てきます。良い仕事をするためには道具もそうですが、現場をキレイにすることや現場での材料の置き方にも気を使います。 気を使うというより、身体がそう覚えています。全てはお客様のためであり、大工になりたての頃の棟梁の『手間をかけて、間違えのない仕事をしろ』という教えを体現しているだけなのです。

人かける家/大工職人「手間を惜しむな積み上げろ」

お客様にご要望を伺うファーストヒアリングでは、住宅に関する現実的なことも理想も、全てお話していただきます。
私はお客様が着ている服、趣味の話をされている時の表情、話し方や使っている言葉から、お客様自身がどのような方なのかを想像してヒアリングを進めます。 どんなデザインが好みなのか、どんなご提案で喜んでいただこうか、 何色が好きだろうか、どんなことで笑ってくれるだろうか、まるでお客様に恋をするように私の提案をどう好きになってもらおうかと考えながら設計をしていきます。
それとお客様が過ごされる時代の空気を取り入れながら、この先何十年と住まわれる住宅を考えます。時代の空気とは単に流行を追い求めるのではなく、『今』という時代を生きる私たちと『未来』というこれからの時間を生きていく私たち、その両方の微妙な変化に気が付き対応することが、設計という仕事だと思います。

-共有-
決して、設計者である私の一人よがりにならず、暮らしのイメージ・ビジュアルを共有することを大切にしています。 目には見えない言葉では伝わりきれない思いの部分も共有するために私が重要視しているのはお客様とのコミュニケーションです。 住宅にとってのゴールをコミュニケーションにより共有し常にお客様にとってベストな提案をしていきます。


人かける家/大工職人「手間を惜しむな積み上げろ」

住宅はどうあるべきか。
住宅は郷であります。家族が帰る場所であり、成長し旅立つ場所でもあります。 ただ、いつまでも変わることのない、老いてもまた味わい深くなる安心の居場所。それが住宅なのです。

手間をかけること。
住宅は生き物です。愛してください。手塩をかけてください。
そして、あなた自身が住宅を楽しんでください。そうすることで住宅は長生きし、みがきがかかります。長い時間の中で手間をかけることが必要な時期は必ずやってきます。あなたが住宅をどれだけ想っているか、どれだけ見つめているか、それにより住宅はまた長生きします。 私たちも一緒に想い見つめます。何をどうするべきか、私たちがプロの立場でお伝えします。そうすることで住宅は資産価値があがり、いついつまでもあなたとあなたの家族に寄り添う住宅となります。


Copyright© 2015 川中子住建 All Rights Reserved.